これからは、垂直避難が命を守る

垂直避難とは

災害時に身に危険が迫っているが、安全な場所まで避難する時間がない場合、安全な場所と空間を確保するために上下垂直方向に避難する事

近年自然について

近年の災害の様子

今や異常気象
“異常”ではない

台風や豪雨などの風水害が起こる度に、
記録的 ” という言葉を耳にするようになりました。

※過去30年の気候に対して著しい偏りを示した天候(気象庁)

 災害がもたらすもの

台風・豪雨・地震等の自然災害は、風の煽りや地震時の揺れに耐えきれない家屋の屋根や建物を崩壊させたり、 地面の揺れにより、地すべりを引き起こします。このように災害が直接的に被害をもたらすことを “ 一次災害 ” といいます。

また、この一次災害が起因となり、様々な被害が連続して発生します。これを “ 二次災害 ” といい、地震によって壊れたガス管に引火したことで発生する火災や、壊れた水道管や電柱によりライフラインが寸断されることなどを指します。そのほかにも、洪水により浸水した家屋にカビが発生し、健康被害を被ることも二次災害といえます。

家屋の倒壊 地すべり
ライフラインの寸断 火災


災害きるまえに、
できることをしよう。

予測ができても、
備えがないと意味を成しません。
自然災害をなくすことは
今の科学ではできません。

でも、
被害を減らすことはできます。
災害が起きる前に、
大切な人を守る準備をしましょう。

災害えるために

災害後の街の崩壊した様子

災害にくて
けない国づくり


東日本大震災の教訓を生かし、政府を中心とした
国土強靭化政策が推進されています。

平和な街の様子

 国家強靭化 とは

内閣官房 国土強靭化推進室によると、
国土強靭化 ( ナショナル・レジリエンス ) 、防災・減災の取組みは、国家のリスクマネジメントであり、強くてしなやかな国をつくることです。また、日本の産業競争力の強化であり、安全・安心な生活づくりであり、それを実現する人の力をつくることです。国民の命と財産を守り抜きます。” とされています。(内閣府HPより抜粋)

簡単に言い換えると、「【自然災害は起きるもの】という前提をもち、万全の備えをしていきましょう。」という考えです。私たち国民の一人一人が、災害時以外 ( 平常時 ) でも国民が快適に健やかに生活ができ、万が一災害が発生したとしても、深刻な被害を回避して素早く元通りの生活に戻ることができるように、様々なリスクを考慮し準備をしておくことが大切なのです。

災害けない
づくりをしよう。

強い家、負けない家とはどういう家でしょうか。
耐震性能が高い家?
重心が低い平屋?

どちらも正解です。
地震時には家そのものの耐震性が重要です。

もし、大雨で洪水が起きたら。
もう目の前まで水がせまってきていたら。

あなたはどこへ逃げますか?

金属について

金属防水スカイプロムナードの施工の様子

屋上やバルコニー
は家族のを守る


特殊な構造の金属防水スカイプロムナード
それを活かした家づくりが大切な家族を守ります。

金属防水 スカイプロムナード の強さ

第6回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)において、スカイプロムナードの耐災害性が評価を受け、最優秀賞を受賞いたしました。

ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)公式HP

スカイプロムナードは
低勾配・軽量・不燃・高耐久性・静音性
を兼ね備えた唯一無二の防水工法です。

第6回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)において、スカイプロムナードの耐災害性が評価を受け、最優秀賞を受賞いたしました。

独自技術の3層構造防水
オープンジョイント工法

オープンジョイントで1m ピッチにゆとりがあり、木造住宅特有の揺れや地震時の揺れにも追従します。この構造により災害後もヒビ割れすることなく安心してご使用いただけます。

オープンジョイントとは?

和瓦の1/16の軽さ
屋根の陥没での住宅崩壊を防ぐ

スカイプロムナードは、その軽さから住宅全体の重心を低くし、揺れや突風などの際も建物を安定させます。 住宅の崩壊を防ぐことは、緊急時の避難路や救出経路の妨げにならず、迅速な災害時の行動にも役立ちます。

重い屋根と軽い屋根の違いについて

地震

台風

密着、空気層がないから
浮きあがらない

強風に耐えられないものが、建物から外れ飛散物として飛んでいきます。飛散物は電線に引っかかり、電力供給を寸断させてしまったり、人や建物にぶつかる可能性もあり大変危険です。
スカイプロムナードは、仕上がり表面に釘などがない工法のため経年劣化で釘が浮き上がってくることもなく、また、防水層と下地を密着させ空気層をつくらないため、強風時も飛散することがありません。

屋根が飛ぶ原因とは?


「燃えない、燃え広がらない」
不燃認定を取得

スカイプロムナードは金属の防水材。国土交通省が発行する不燃認定(NM-1981)を取得しています。材料が金属だから燃えないのです。
また鋼板表面の塩ビ被膜に火がついても、被膜表面は焦げてしまいますが木下地まで燃え広がることはありません。 万が一、家屋内で火災が発生したとしても、スカイプロムナードのバルコニーや屋上があれば家族の命を守る一時避難場所になります。

不燃性能実験動画を見る

火災

洪水

バルコニー・屋上が
避難場所になる

災害が近々まで迫っている状態で自宅から遠く離れた避難場所まで無理に移動すると、 逆に自分の身をより危険に晒すことになりかねません。自宅の上層階に避難(垂直避難)し救助を待つことで命を守ることができる場合もあります。
また、蓄電池や屋外給湯器、室外機などの置き場所を上層階に置くことで災害時ライフラインを失わず、自宅避難も可能にします。

垂直避難の重要性とは

今、できることを。
大切なもの守るために。

災害はいつ、どこで起こるかわかりません。
幸運にも、生涯大きな災害に見舞われないかもしれません。

でもそんな保証はありません。

もし、大切な人を守ることができる可能性が
1%でもあがるなら。

たった1%ならいい、変わらない、と思うのか。
この1%を積み重ねて可能性を高くしていくのか。


考えてみてはいかがでしょうか。

お問合せ・資料請求はこちら