屋上緑化・太陽光発電・金属防水工事の栄住産業

HOME > 太陽光発電 > 太陽光発電とは > 太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

太陽のエネルギーで電気をつくる

太陽のエネルギーで電気をつくる

太陽光発電に用いられる太陽光モジュールには、多結晶、単結晶型と言われるシリコン系半導体が搭載されています。この半導体は光を受けると内部に電子エネルギーが与えられ、電流が起きる性質があります。太陽光モジュールはこの半導体の性質を利用し太陽の光エネルギーから電気を作り出しています。

発電された電力は、パワーコンディショナーによって家庭内で使用できる交流電力に変換され、分電盤を経由して各部屋送られます。

太陽光発電の多くは電力会社の配電線とつながっています。

発電量が家庭内での電力使用量を上回った場合は、余剰分を電力会社へ買い取ってもらうことが出来ます。逆に、発電量が少なかった場合には不足分の電力を購入して使用することもできます。

太陽光発電で売電

太陽光発電TOPに戻る

  • お電話・FAXからのお問い合わせ

    お電話・FAXからのお問い合わせ

  • WEBからの資料請求・お問い合わせ

    • お問い合わせ

バーチャルモデルルーム OPEN!

モデルルームはこちら